大阪と京都のあれこれ

大阪、京都の観光・グルメ・ショッピングに関する情報を更新

【必読】「伏見稲荷」も「清水寺」も沿線に。関西ではお馴染み「京阪電車」の京都観光スポットが素晴らしい!

f:id:tkcross:20160105230742j:plain

関西では、「京阪(けいはん)のるひとおけいはん」との愛称で親しまれる「京阪電車ですが、全国的な知名度はというとさほど高くないのが実状。

それもそのはずで、関西五私鉄で唯一プロ野球球団を持ったことがなく、目立った全国展開もしていない、関西地場企業といった印象の電鉄会社なのです。

京阪電車」とは??

早速プチ情報ですが、中川家の礼二さんが「京阪電車」の大ファンで、時折モノマネを披露しておられます。

あと、グループ会社には岡田准一さんがCM出演する「ひらかたパーク」も。

そんな「京阪電車」ですが、その沿線スポットは非常に魅力的で、京都観光には欠かせない足となる素晴らしい路線を有しています

京阪電車の路線

f:id:tkcross:20160104221653p:plain

京阪電車が得意とするのは、京都の縦(南北)のラインです。

京阪電車」の主要な観光スポットしては以下のような場所があります。

国内外旅客で賑わう 伏見稲荷大社伏見稲荷駅

全国に30,000社あるといわれる「お稲荷さん」。その総本宮伏見稲荷大社です。

inari.jp

最近では「千本鳥居」が国内外の観光客から脚光を浴び、連日多くの人出で賑わっています。

f:id:tkcross:20160104222423j:plain

こちらは、公式ホームページからお借りした画像ですが、実際に見るとその荘厳さには驚かされます。

国宝指定で湧く、石清水八幡宮男山山上駅

いま、かなりホットなスポットとしてはこちらの「石清水八幡宮」が挙げられます。

f:id:tkcross:20160104223213j:plain

昨年暮れに国宝指定された「石清水八幡宮」は桜の名所として知られており、春には多くの観光客で賑わいます。

地元で〝やわたのはちまんさん〟と親しまれている「石清水八幡宮」は、南北朝時代の大小様々な戦い、羽柴秀吉明智光秀の天王山の合戦などで知られる政治上の重要な拠点でもありました。

麓では絶品「走井餅(はしりいもち)」が楽しめますので、疲れたら一服するのもいいでしょう。

www.yawata-hashiriimochi.com

過去には奈良の大仏を凌ぐ大仏があった東福寺東福寺駅

日本最古にして最大級の伽藍を持つ「東福寺」もおすすめの観光スポットです。

摂政九條道家が、奈良における最大の寺院である東大寺に比べ、また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で、「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺です。

嘉禎2年 (1236年)から建長7年(1255年)まで実に19年を費やして完成した東福寺には、先述の通り150年前まで巨大な大伽藍(大仏)がありましたが現在は消失し、手首から上のみが残っています。

ネットで調べてみるとわかりますが、ホラー作品と比較してもかなり怖いのではないかとさえ思われる彫刻です。なお、常に公開されているわけではないのでご注意を。

美しい建築美に心が洗われる「三十三間堂」【七条駅

f:id:tkcross:20160104224049p:plain

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。

これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によるそうで、「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

七条駅からほど近く、こちらもおすすめの観光スポットです。

「清水の舞台」で知られる寺院「清水寺」【清水五条駅

f:id:tkcross:20160103225817j:plain

清水寺」といえばもはや知らない人はいないであろう、超メジャー級の京都観光スポットですが、京阪電車の「清水五条駅」が最寄りとなります。

f:id:tkcross:20160104224530j:plain

「清水の舞台」で知られる寺院で北法相宗の本山と名高いお寺で、内部には縁結びの神で知られる「地主神社」があるのも特徴です。最近は観光客で賑わっていますし、かなりベタではあるものの「清水寺」がおススメであることに変わりはありません。ぜひ京都にお立ち寄りの際は、訪問してみてくださいね。

桜の名所として有名な円山公園(八坂神社)【祇園四条駅

f:id:tkcross:20160105223015j:plain

円山公園は、八坂神社、知恩院といった名だたる寺院に隣接する広大な公園です。約86,600平方メートルもの敷地面積の中には「祇園枝垂桜」などが存在し、桜の名所として知られています。

ちなみに、円山公園1886年(明治19年)に京都で初めて作られた公園としても知られ、京都の市民にも愛されています。

www.yasaka-jinja.or.jp


なお、内部にある八坂神社の謂れについては公式ホームページに詳しく書かれていますが、主要な部分を抜粋すると以下の通りとなっています。

当社は慶応4年(1868)5月30日付の神衹官達により八坂神社と改称するまで、感神院または祇園社と称していた。創祀については諸説あるが、斉明天皇2年(656)に高麗より来朝した使節の伊利之(いりし)が新羅国の牛頭山に座した素戔嗚尊山城国愛宕郡八坂郷の地に奉斎したことに始まるという。

こちらも京都では人気のスポットで、特に初詣の時期には多くの人で賑わいます。

京都の繁華街として著名な「四条河原町」「三条」【三条駅】【祇園四条駅

f:id:tkcross:20160105223509j:plain

これまでとやや趣向が異なりますが、四条河原町や三条といった繁華街にも、京阪電車は接続しています。

四条河原町あたりの道路も拡張され、観光客にとっては非常に歩きやすくなりました。寺町通や、錦市場三条通商店街などは今もしっかりと健在で、多くの観光客で賑わっています。

またこの界隈のおすすめ飲食店なんかも紹介していきますので楽しみにしておいてください。

京都のお洒落ストリート「御幸町(ごこまち)」【三条駅】【祇園四条駅

f:id:tkcross:20160105223842j:plain

こちらもショッピングに最適な通りです。

特に、ファッションやインテリアが好きな方には、超おすすめのエリアですね。

実は古着屋やセレクトショップなどの激戦区として知られていて、おしゃれで流行に敏感な若者が、多く歩いています。

このあたりも別の記事で触れようと思っているので楽しみにしておいてください。

初詣は多くの人で賑わう「平安神宮」【神宮丸太町駅

f:id:tkcross:20160105224000j:plain

お次は観光名所に戻って、平安神宮です。

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇祭神として創建された比較的新しい歴史的建造物です。

平安神宮の謂れについても、公式サイトに詳しく書かれていますので、ご紹介しておきます。

www.heianjingu.or.jp

当時、京都の衰退ぶりは目を覆うものがありました。幕末の戦乱で市街地は荒廃し、明治維新によって事実上首都が東京へ遷ったことは人々の心に大きな打撃を与えました。

その状況下で京都を救ったのは、京都復興への市民の「情熱」と全国の人々の京都に対する「思い入れ」でした。数々の復興事業を展開し、教育、文化、産業、生活などすべての面において新しい京都が模索され、同時に古き良き京都の維持継承に力が注がれたのです。

これらの熱意と一連の町おこし事業が見事に結実して、平安神宮が創建されました。

千年以上も栄え続けた雅やかな京都を後世に伝えるために、京都復興にかけた多くの人々の遺志を後世に伝えるために、四海平安の祈りを込めて創建されたのです。

こちらも初詣の期間は多くの人で賑わいます。なお、近くにあるうどん屋2店舗はいずれも絶品です。

tabelog.com

tabelog.com

ただ、結構並ぶので行かれる際には開店直後をおすすめします(回転、やや悪目)。

世界遺産にも登録されている「下鴨神社」【出町柳駅

f:id:tkcross:20160105224557j:plain

f:id:tkcross:20160105224601j:plain

最後は、世界遺産にも認定されている下鴨神社

個人的に、ここ結構好きです。

なんだか心が洗われる感じがするんですよね。緑の美しい時期に行くと、どの角度から撮影しても芸術品のような写真が撮れます。

こちらも謂れに関しては公式ページに詳しく書かれています。

www.shimogamo-jinja.or.jp

当神社がまつられたのは、崇神天皇の七年(BC九十)に神社の瑞垣の修造がおこなわれたという記録があり、それ以前の
古い時代からまつられていたとおもわれます。

先年糺の森周辺の発掘調査で縄文時代の土器や弥生時代の住居跡がたくさん発掘され、
それを裏付けています。また社伝や歴史書に、お祭、社殿、ご神宝等の奉納などが記録されています。

続日本紀』の文武天皇二年(六九八)には、葵祭に見物人がたくさん集まるので警備するように、という命令が出された、という記事が
あります。

このことから、奈良時代より前から当神社が大きなお社で、盛大なお祭がおこなわれていたことがわかります。

京都のある他の大きな社と比較しても、一際古くから著名な社として祀られていたことが分かりますね。

さて、今回も宿題が複数残ってしまいましたが、この辺りで失礼します。