読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪と京都のあれこれ

大阪、京都の観光・グルメ・ショッピングに関する情報を更新

京都観光といえば「京都駅」?あなたはそこに行ってから愕然とする。あれ?こんなはずじゃなかったと。

京都駅

京都観光の勢いが衰えません。毎日、市バスは満員。電車は海外の方で混んでおり、いざカフェに入ろうとすると、結構な時間の順番待ちもしばしば。ここは梅田か?

でも、やはり京都は四季折々の顔があり、都会からすぐ近くに鴨川という自然があり、また他の街にはない風情がある...筆者は大阪も好きですが、京都が持つ独特の雰囲気は、風流でたまりません。

さて、本題に入りましょう。

これは京都に行くと、毎度思うことなんですが、京都観光といえば「京都駅」に行けばなんとかなると思っている方が、あまりに多いことに驚きます。はっきりと言っておきます。それは間違いですよと。

「京都駅」には京都タワーと伊勢丹以外何もない

そう書くと誇張し過ぎかもしれませんが、この意見には同調してくれる方が多いと思っています。

実際のところ、「京都駅」というのは通過点であり、乗り換え駅です。

まず、新幹線に乗ってきた方は、間違いなく「京都駅」に降り立ちます。このケースはまったくもって問題ないのですが、驚くべきは、清水寺から大阪方面に帰りたいなどのケース。

京都市バス1日乗車券を手に持ち、五条坂付近からバス停に向かい、「京都駅」から大阪方面へと向かいます。

例としてこのパターンを出しましたが、正直言ってこれはストレスフルで時間のムダです。

このケースでは、絶対的に清水五条駅から京阪電車に乗るのがベストです。市バスは混んでいますし、交通事情が読めません。まあ、夕刻までは間違いなく渋滞していると言っても良いでしょう。時間的にも精神的にも、圧倒的にこのケースでは電車なのです。

他に、錦市場にきたケース。そこから大阪方面へと向かうのであれば、圧倒的に阪急電車ですよ。わざわざ京都駅に向かのはナンセンスです。

「京都駅」に行くと安心する?

個人的にはわからないのですが、どうして皆さんが脇目も振らずに「京都駅」に向かうのかと考えてみると、理由はこれしか浮かびません。

「京都駅」は通過駅であるがゆえに、京都観光に来た際、一度は目にした駅ですし、なおかつ名前的にも「中心」感があります。マイホームのような感じで、安心してしまうんでしょうね。

ジョルダンやナビタイムで乗り換え検索をしている方は、自身の中でルートを決めている傾向が多いように思います。そんな方に限って「京都駅」に言ってしまうのですが、正直言ってしんどくなるだけなので止めておいたほうが良いかと思います。

Googleマップを使って、現在地から目的地までの検索をしよう

100点満点の方法ではないのですが、個人的におすすめなのはGoogleマップを使って観光を楽しむことです。

最近、Appleの標準マップも乗り換え検索に対応しましたが、やはり古参のGoogleマップは視認性も良く、使いやすい印象があります。

Googleマップを使って、出発地から目的地までの検索を行うことで、先にあげたようなストレスフルで時間もロスしてしまうようなルートを歩まずに済みますよ。

「京都駅」は建築として美しいから一見の価値はある

ここまで「京都駅」の存在自体を否定してきたようにも感じますが、決してそうではありません。

「京都駅」は駅そのものが建築として美しく、行ったことのない方にとっては一見の価値がある芸術だと思います。

昼間も良いのですが、おススメは夜。「京都駅」と、目の前に立つ京都タワーの雰囲気は、絶好の写真スポットでもあります。

京都観光に行かれた際には、ぜひ一度訪れてみてください。ただ、安心感につられて戻ってくる必要はないですよ!