大阪と京都のあれこれ

大阪、京都の観光・グルメ・ショッピングに関する情報を更新

ファーストキャビン関西空港はスーツケースも室内に置ける広々贅沢カプセルホテル!早速レビューしてみた

f:id:tkcross:20170330191805j:plain

 本日、関西国際空港のエアロプラザ3階に、贅沢なカプセルホテル・ファーストキャビン関西空港がオープンしました。

 オープン前から話題のホテルでしたが、一体この施設はどこが素晴らしいのでしょうか。今回は、その概観や気になるお値段について調べてみたいと思います。

贅沢なファーストクラスも用意された新感覚のカプセルホテル

f:id:tkcross:20170330191806j:plain

 関西国際空港では、日夜たくさんの飛行機が発着しています。特に、最近若者を中心に人気を集めているピーチやジェットスターなど格安航空会社が深夜便、早朝便を多数飛ばしていることもあり、国内外の方々が、空港内のベンチで寝ている姿をよく見かけます。これはその人の体調も心配ですし、決して褒められた行為とは言えません(ちょっと行儀が悪いですよね?)。

 とは言うものの、近くにリーズナブルなホテルはなかなかなく、あっても少し汚なめ・・・。加えて、直行バスに乗るとしても、関西空港から15分から20分かかるので、ただでさえ早い朝に、これだけ余裕を持って起きるのは、なかなかつらいものがあります。さらに、こうしたバスは人数に限りがあるので、最悪乗れないことも想定しないといけません。

 そこで、おすすめになってくるのが、オープンしたファーストキャビン関西空港です。一般的なカプセルホテルでは、部屋自体が狭く、決して落ち着いた空間とは言えませんが、同ホテルのファーストクラスであれば、まるでビジネスホテルかのような部屋が提供されます。

f:id:tkcross:20170330191935j:plainf:id:tkcross:20170330191946j:plain
(画像はそれぞれ、ファーストクラス、ビジネスクラス)

 価格は少し高めで、ファーストクラスが7,200円から、ビジネスクラスが6,200円からとなっています。カプセルホテルにしては高いと思うかもしれませんが、ベンチで寝て、出発前に体調を崩したり、疲れたりしていては、旅が楽しめなくなるかもしれませんし、ここはケチらずに宿泊することをおすすめします。

宿泊だけでなく、休憩にも対応

 また、ポイントは宿泊だけでなく、休憩にも対応している点です。

 旅に疲れた方の中には、少しだけ休憩してから、大阪市内への移動を開始したいという方もいるでしょう。そんな方は、ファーストキャビン関西空港で、少しだけ横になってから出かけるというのもありです。

f:id:tkcross:20170330192142j:plain

 ファーストキャビン関西空港では、ショートステイ(休憩)に対応。ちなみに、料金はファーストクラスなら1時間1,000円、ビジネスクラスなら、1時間900円となっています。ショートステイは2時間から利用可能となっていますので、実質、ファーストクラスなら2,000円、ビジネスクラスなら1,800円ということができますね。

大浴場も併設!出発前に疲れないのは魅力

f:id:tkcross:20170330192151j:plain

 飛行機移動というのは、どうしたものか疲れるものです。重力がかかっているのですから、当然といえば当然なのですが、できれば搭乗前に疲れるのはごめんですよね。

 ファーストキャビンには、大浴場も併設されています。決して広くはありませんが、やはり狭いシャワーよりは、開放感があって良いものです。ちなみに、アメニティにはキャビンウェア、使い捨てスリッパ、バスタオル、ボディタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、綿棒、ドライヤー、カミソリセット、ヘアブラシが用意されています。

f:id:tkcross:20170330192236j:plain

 洗面台も、清潔感があってGoodです。

喫煙も可能

 喫煙者の方にとって、最近のホテルは世知辛く、禁煙のみのホテルも増えてきました。ファーストキャビン関西空港も、自分の部屋(カプセル)で喫煙することはできませんが、館内には喫煙室が用意されているので、吸いたくなったらそちらで吸うことができます。

第2ターミナル行きのシャトルバスも運行

f:id:tkcross:20170330191648j:plain

 ピーチやジェットスターなど、格安航空会社(国際便)は第2ターミナルから運行されていますが、ターミナル間の移動については、無料のシャトルバスが利用できます。第2ターミナルビルへは、エアロプラザ1階の連絡バスのりばから、同シャトルバスを利用して向かいましょう。くれぐれもチェックイン時間はお忘れなく。